ロコモティブシンドロームの原因と予防について

ロコモティブシンドロームが、最近日本で問題となっています。「ロコモ」と略されて呼ばれているのを聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。
そもそもロコモティブシンドロームの原因は、加齢によって筋肉が弱ってきたり、骨が弱くなって関節の軟骨がすり減ったりすることによって起こります。うまく歩きにくくなったり、疲れやすくなってしまったりします。ロコモティブシンドロームを放置しておくと、介護が必要不可欠になってしまう状態になる危険性も高まるので、注意が必要です。
ロコモティブシンドロームを予防するためには、筋力の低下を防ぐことが必要です。スクワットを行ったり、ウォーキングを日課にするなどして、予防しましょう。体に負担をかけすぎない運動が効果的です。
また、食事を工夫することも予防になります。栄養バランスに気をつけて、カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどを多く摂取できるような食事を摂ると良いです。魚や野菜を中心に食べ、1日3食しっかり食べると良いでしょう。これらの栄養素を摂ることのできるサプリメントを飲むことも、また効果的です。
原因と予防方法をしっかり学んで、ロコモティブシンドロームに負けない体作りを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です