ロコモティブシンドロームとは、要介護になるリスクの高い運動器症候群

ロコモティブシンドロームとは、日本整形外科学会が2007年に提唱した、運動器の障害により要介護のリスクが高い状態になる運動器症候群のことをいい、「ロコモ」と略されます。
主な原因としては、加齢に伴う運動器自体の疾患と、加齢による運動器の機能不全が挙げられます。筋骨格運動器系の疾患としては、変形性関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、易骨折症などがあり、骨粗鬆症による円背、関節リウマチなどによる、関節可動域制限や筋力低下、麻痺などが含まれます。加齢による運動機能低下は、特に疾患がなくても、高齢になることで低下してくる筋力、持久力、バランス能力などの影響で、運動器の働きが鈍ってくる状態です。これらが、運動不足などによって加速され、転倒しやすいなどの危険性が高くなってきます。高齢化の進む日本では、変形性関節症や骨粗鬆症の患者数は非常に増えていることもあり、ロコモティブシンドロームは、国民病ともいえる様相を表しています。
ロコモティブシンドロームは、寝たきりや要介護につながりやすく、健康寿命の短縮に結びついてしまいがちです。座る、立つ、歩くなど日常動作が維持できるように、予防のためにも、軽い運動やストレッチを意識して続けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です